fc2ブログ
4チー&3にゃんの大家族になりました! 今は子猫のほたてとまりもの成長が楽しみ   気軽に足跡残していってくださいね(^^♪
1月17日
神戸は阪神・淡路大震災から20年を迎えました・・・
今でもあの日の辛い思い出が、昨日のことのように甦ってきます
幸い、当時、私が住んでいた地域は大きな揺れはあったものの、
家の倒壊はありませんでした
それでも、電気・ガス・水道はすべて止まり、交通機関もすべてストップ。
建物のヒビや道路の亀裂・隆起・陥没が、いたるところで発生していました
トイレの水は、川へ水汲みに行きました
ガス・水道の復旧には数ヶ月かかりました
バイクで通勤したり、電車が一部区間で動き始めても、
そこまで何キロも歩いて行かないといけない
そんな生活が何ヵ月も続きました・・・

東京まで出張した時は、危険な所や不通区間を迂回しながら、
動いている交通機関を何度も何度も乗り継ぎ、やっと新大阪駅へ・・・
新大阪から東京まで新幹線に乗っている時間より
神戸から新大阪へ行く時間の方が長くかかった

まだ身体の自由がきいた頃で、ほんとに良かったと思う
娘もまだ4歳。何とか家族を守ることができた
今の体力では到底生活できていなかった

そんな神戸も見た目には見事に復興し、綺麗な街並みに戻りました
でも、新聞・TV報道にもあるように激震地で家や店を失い、
家族を亡くされた方々の真の復興には、まだまだ問題山積のようです・・・


東日本大震災で被災された地域の復興も
なかなか進んでいないように感じます

政治家のみなさん
選挙の時だけ頭を下げるのでなく、私利私欲のために活動するのではなく、
困っている人を助けてください
税金を私的に利用したり無駄遣いするのではなく、
国民のために、県民のために、市民のために使ってください

被災された地域の一日も早い復興と、被災された方々が
一日でも早く元の生活に戻れることを祈念いたします

スポンサーサイト




【2015/01/17 14:36】 | 何でも書いちゃおう
トラックバック(0) |


kazu
私も情けない話ですが 東日本大震災の経験をして初めて20年前に起こった阪神、淡路大震災にの痛みを知りました・・・
福島県も今
本当に困っている人に 手が差し伸べられているか
疑問に感じます



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私も情けない話ですが 東日本大震災の経験をして初めて20年前に起こった阪神、淡路大震災にの痛みを知りました・・・
福島県も今
本当に困っている人に 手が差し伸べられているか
疑問に感じます

2015/01/17(Sat) 15:49 | URL  | kazu #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック